今年はオンラインで!”THE BASS DAY TALK LIVE on YouTube & RADIO” 生配信・放送決定!

組み写

過去毎年、ベースの日当日はベーシストが中心となり、ほかでは見られない貴重なコラボレーションや、一流ミュージシャンたちが集まってこそ成せる音楽を体感できる「THE BASS DAY LIVE」が開催されてきましたが、今年はライブ・イベントに代わり、オンエア&オンラインでのトーク・ライブの開催が決定しました!
ベースの日公式YOUTUBEチャンネル番組「THE BASS DAY TALK LIVE on YouTube 」と、J-WAVE特別番組「J-WAVE SPECIAL THE BASS DAY RADIO」が連動し、3時間にわたって生配信・放送でお届けします。国内外から音楽シーンを熱く盛り上げる6名の実力派ベーシストがゲストで登場!ベースの魅力をたっぷり語ります。

出演ベーシストは、

THE ORAL CIGARETTESのあきらかにあきら、
SuchmosのHSU、
BAND-MAIDのMISA、
海外からDirty LoopsのHenrik、
そしてThundercat!

さらに、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトが、今年亡くなった2人の偉大なベーシスト、“ルイズルイス加部”こと加部正義、Tower of Powerのフランシス・ロッコ・プレスティアを追悼して、
J-WAVEを代表するベーシスト、クリス・ペプラーと特別対談!

今年も街中が音楽愛で溢れる音楽の祝祭「ベースの日」を、皆さんでお祝いしましょう!

【各番組概要】
<出演者>※ラジオ、YouTube共通
ナビゲーター:クリス・ペプラー
ベーシスト:
■あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)
■HSU(Suchmos)
■ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)
■Misa(BAND-MAID)
■Henrik(Dirty Loops)
■Thundercat

◆THE BASS DAY TALK LIVE on YouTube
タイトル: THE BASS DAY TALK LIVE on YouTube
日時: 2020年11日11日(水)21:00~24:00
配信媒体: ベースの日公式YouTubeチャンネルでLIVE配信
協賛:(株)ヤマハミュージックジャパン

◆J-WAVE SPECIAL THE BASS DAY RADIO
タイトル: J-WAVE SPECIAL  THE BASS DAY RADIO
日時: 2020年11月11日(水) 21:00〜24:00
放送局: J-WAVE81.3
放送形態: 生放送
提供: (株)ヤマハミュージックジャパン

 

※時差の都合で一部事前収録の配信となります。

※映像のアーカイブ配信はありません。

※ゲストベーシストへの質問・相談を大募集!ハッシュタグ #ベースの日#待ちわびたベースの日 で、「ベースにまつわるお悩み」「ベーシストへの素朴な疑問・質問」をつぶやいてください。当日、YouTube番組内で選ばれた質問をゲストベーシストがお答えしていきます!

 

A festive celebration of music featuring talk sessions with bassists
“THE BASS DAY TALK LIVE” event will be broadcast live on radio and YouTube!

On 11/11, we will celebrate Bass Day again this year!

You’ll notice that the four one’s in the date look just like the straight, vertical strings of a bass.

Activities celebrating Bass Day continue to be conducted with the intention of creating more opportunities for people to encounter music in various ways through the bass—an instrument that props up music from underneath.

Every year, “THE BASS DAY LIVE,” an event centered on bassists through which rare collaborations that can’t be seen elsewhere and music only made possible through the gathering of first-tier musicians, has been held on Bass Day proper. This year, the decision was made to hold an on-air and online talk show and concert in place of a live event. A pair of programs—the J-WAVE special program “J-WAVE SPECIAL THE BASS DAY RADIO” and the “THE BASS DAY TALK LIVE on YouTube” on Bass Day’s official YouTube channel will be broadcast and streamed live for three hours. Six talented bassists responsible for heating up the music scene in Japan and overseas will be on hand as guests to talk at length about the appeal of the bass.

The Japanese bassists on the guest list are:

Akira Akirakani of THE ORAL CIGARETTES,

HSU of Suchmos,

and MISA of BAND-MAID.

For our overseas guests, we have Henrik of Dirty Loops

and Thundercat!

What’s more, Hama Okamoto of OKAMOTO’S will appear in a special talk with leading J-WAVE bassist Chris Peppler to remember two legendary bassists who passed away this year—Masayoshi Kabe, otherwise known as “Louise Louis Kabe,” and Francis Rocco Prestia of Tower of Power.

Let’s all celebrate Bass Day, a festive celebration of music during which love for the art form fills the streets, again in 2020!

[Overview of Each Program]
<Guests> *Will appear on both the radio and YouTube programs
Navigator: Chris Peppler
Bassists:
■HSU (Suchmos)
■Akira Akirakani (THE ORAL CIGARETTES)
■Hama Okamoto (OKAMOTO’S)
■Misa (BAND-MAID)
■Henrik (Dirty Loops)
■Thundercat

<J-WAVE SPECIAL THE BASS DAY RADIO>
Date & Time: Wednesday, November 11, 2020  9:00 PM – 12:00 AM
Broadcast Station: J-WAVE 81.3
Broadcast Format: Live
Sponsor: Yamaha Music Japan

<THE BASS DAY TALK LIVE on YouTube>
Date & Time: Wednesday, November 11, 2020  9:00 PM – 12:00 AM
Streaming Media: Live stream on Bass Day Official YouTube Channel
Sponsor:Yamaha Music Japan

*We’re looking for submissions of questions or requests for advice to direct to our guest bassists! Write the bassist whom you want to pose a question to or ask for advice and what you want to ask in a tweet and post it on Twitter with the hashtag “#CantWaitForBassDay.” Questions that have been chosen will be answered as part of the programs.

祝ベースの日イベント「Feel The Bass Vibration 〜レコードで聴くベースの日〜」・「ベースの学校〜THE BASS LINES〜in Bassist’s Week」が続々発表!

すでに発表になっている11/11ベースの日当日に開催されるライヴ・イベント「THE BASS DAY LIVE 2019@赤坂blitz」に加えて、ベースの日前に行われるイベントが続々と発表になりました!

ベースと音楽を愛するみなさん、一緒に参加して音楽の祝祭を盛り上げていきましょう!

 

★11月3日(日)「Feel The Bass Vibration 〜レコードで聴くベースの日〜」@ Lady Blue

スクリーンショット 2019-10-12 20.17.34

のんびりベースの名曲を聴こう!鈴木正人とROY(THE BAWDIES)が参加決定!

レコードの日×ベースの日のコラボ・イベントが開催決定!
リラックスした環境でベースが最高!な音楽を体で感じる試聴会。
ゲストとのトークを交えて、ゆっくりくつろぎながら、レコードの音を良い音響で聴くイベント。
イベントの模様は収録して、11月10日(日)夜10時からのJ-WAVE SELECTIONでオンエアします。

この公開収録に70名様をご招待します。
(当日は1ドリンク・1フード以上のオーダーをお願いします)
エントリーは詳細を確認のうえ、以下のJ-WAVEページ応募フォームからお願いします。

<イベント情報>

Feel The Bass Vibration 〜レコードで聴くベースの日〜@ Lady Blue
日時: 2019年11日3日(日) 17:00 開場 17:30 開演 19:00 終了予定
会場: Lady Blue(千代田区大手町2-3-1)
ゲスト: ROY(THE BAWDIES)、鈴木正人
MC :グローバー
ご招待 70名様
締切 :2019年10月24日(木)
主催: ベースの日実行委員会、レコードの日実行員会
オフィシャルメディア :J-WAVE
協力: ブルーノート・ジャパン
お問い合わせ: J-WAVE 03-6832-1144(平日10:00-18:00)

https://www.j-wave.co.jp/topics/1910_record.htm

 

 

★「ベースの学校〜THE BASS LINES〜in Bassist’s Week」

ベースの日が11月11日であることは、ベーシストの皆さんはご存知のとおり。今年はその前後となる11月4日からの週を“Bassist‘s Week”と位置づけ、超限定人数だけに送るトーク&奏法セミナー『BASS MAGAZINE Presents ベースの学校〜THE BASS LINES〜』を開催します! このイベントでは、1日にひとりずつベーシストをお招きして課題曲を設定、ベース・プレイヤーが知りたかった“あの曲のあのベース・ライン”をこと細かに解説。イントロからエンディングまで、1曲のなかで展開されるフレーズやコピーする際のポイント、そのベース・ラインが生まれた背景などを聞きます。
このイベントは、ベースを弾く方を対象にしたガチイベントとなります。ベーシストの、ベーシストにより、ベーシストのためのイベントなのです!

スクリーンショット 2019-10-12 20.37.06

 

・2019年11月4日(月)

あきらかにあきら (THE ORAL CIGARETTES) 
課題曲:「DIP-BAP」

OPEN 19:00 / START 19:30

チケット:¥3,500(税込)

 

スクリーンショット 2019-10-12 20.36.58

 

・2019年11月5日(火)

イガラシ (ヒトリエ)
課題曲:「ワンミーツハー」

OPEN 19:00 / START 19:30

チケット:¥3,500(税込)

 

スクリーンショット 2019-10-12 20.36.51

 

・2019年11月6日(水)

岡峰光舟 (THE BACK HORN) 
課題曲:「シリウス」

OPEN 19:00 / START 19:30

チケット:¥3,500(税込)

 

スクリーンショット 2019-10-12 20.36.40

 

・2019年11月7日(木)

あいにゃん (SILENT SIREN)
課題曲:「フジヤマディスコ」

OPEN 19:00 / START 19:30

チケット:¥3,500(税込)

 

スクリーンショット 2019-10-12 20.36.30

 

・2019年11月8日(金)

345 (凛として時雨)
課題曲:「DISCO FLIGHT」

OPEN 19:00 / START 19:30

チケット:¥3,500(税込)

 

会場:御茶ノ水 Rittor Base(東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル B1F)

詳細、お申し込み情報はこちら→ https://www.rittor-music.co.jp/rhythmmonth/#bass

2019,11,11「THE BASS DAY LIVE 2019」出演者発表!!

今年も11月11日(月)ベースの日当日に赤坂BLITZで開催されるライブ・イベント「THE BASS DAY LIVE 2019」!出演者が発表となりました!

日本の音楽シーンを熱く盛り上げるベーシスト、ウエノコウジ(the HIATUS, 武藤昭平withウエノコウジ、THE King ALL STARS)、武田祐介(RADWIMPS)、マイケル(夜の本気ダンス)が中心となり、それぞれジャンルレスに一期一会のパフォーマンスを繰り広げます。
ここでしか見られない多彩なラインナップ!!
日本の音楽シーンの第一線で活躍するオリジナリティー溢れるベーシストたちが、どのような表現をみせるのか!?会場に鳴り響く圧巻の低音!起こる化学反応は予測不可能!

ミュージシャンたちの織りなすグルーヴと会場の熱気が交じり合う一体感と新しい音楽体験を、今年もぜひご一緒に。

組み写最終

日時: 2019年11月11日(月) 開場18:00  開演19:00 (予定)
会場: マイナビBLITZ 赤坂 (http://www.tbs.co.jp/blitz/a_map.html)
料金: スタンディング 5,900円(税込/入場時ドリンク代¥500別途必要)
2F指定席 6,600円(税込/入場時ドリンク代¥500別途必要)
※未就学児童入場不可
出演者:
■ウエノコウジ(the HIATUS, 武藤昭平withウエノコウジ、THE King ALL STARS)/Bass、百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)/ Vocal,Guiar、有松益男(BACK DROP BOMB,PONTIACS,J)/ Drums、ヤマジカズヒデ/ Guiar

■武田祐介(RADWIMPS)/Bass、休日課長 (ゲスの極み乙女。,DADARAY,ichikoro)/Bass、ひろせひろせ (フレンズ)/Bass、安井英人 (BIGMAMA) /Bass、佐藤千亜妃/Vocal

■マイケル(夜の本気ダンス)/Bass、長島涼平(the telephones,フレンズ)/Bass、酒井亮輔 (BRADIO) /Bass、有江嘉典(VOLA&THE ORIENTAL MACHINE,MOON・BEAM)/ /Bass、辻怜次 (Bentham)/Bass、佐藤謙介(髭,パスピエ)/Drums

 

チケット発売:

■一般発売日/ 2019年10月19日(土)10:00スタート

イープラス:https://eplus.jp/bassday/

ぴあ:http://w.pia.jp/t/thebassdaylive2019/

ローチケ:https://l-tike.com/bass1111/

 

主催: ベースの日実行委員会/J-WAVE
企画・制作: ベースの日実行委員会
お問合わせ: DISK GARAGE:050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

 

<出演者プロフィール>

●ウエノコウジ  (the HIATUS, 武藤昭平withウエノコウジ、THE King ALL STARS/bass)
2003年、thee michelle gun elephant解散後、Radio Caroline、武藤昭平 with ウエノコウジを結成。2009年にはthe HIATUSとして活動を開始。武藤昭平 with ウエノコウジ、THE King ALL STARSへの参加、吉川晃司等のサポートとしても活動中。

・百々和宏  (MO’SOME TONEBENDER/ vocal,guiar)
’97年福岡で結成した真正ロックバンドMO’SOME TONEBENDERのG/Vo。普段は安酒場をローリングする泥酔イスト。酒場紀行文を集めた「泥酔ジャーナル」の著者としてもカルトな人気を誇る。2012年からソロ活動を開始。2枚のソロアルバムをリリースし、同時にyukihiro(Dr / L’Arc-en-Ciel)、345(Vo, B / 凛として時雨)との新たなバンドgeek sleep sheepを結成するなど、幅広く活動中。

・有松益男 (BACK DROP BOMB,PONTIACS,J/drums)
BACK DROP BOMB,PONTIACSのドラマー、Jのサポートや、シシドカフカ主催のリズムイベント”el tempo”に参加、様々なバンドドラムチューナーとして活動中

・ヤマジカズヒデ(dip, Yapoos, ZZZoo / Guitar)
1991年dipを結成。
サイケデリックでノイジーかつ叙情的で想像力豊かなプレイを得意とする。映画音楽作家としても豊田利晃監督作品の多くでサウンドトラックを担当。
池畑潤二率いるROUTE17 ROCK’N’ROLL ORCHESTRAのギタリストとして2013年から毎年フジロック・グリーンステージに出演。
現在は、dip、Yapoos、ZZZoo、ヤマジカズヒデソロ、など幅広く活動。

 

●武田祐介(RADWIMPS/ bass)
たけだ・ゆうすけ・1985年生まれ。
野田洋次郎(vo,g,p)、桑原彰(g)を中心に 2001年に結成されたRADWIMPSに、2004年に山口智史(d / 現在休養中)とともに加入した。2005年11月にメジャー・デビュー。新海誠監督による映画『君の名 は。』( 2016年)、『天気の子』( 2019年)の音楽を担当し、話題となる。最新オリジナルアルバムは2018年の『ANTI ANTI GENERATION』。多彩な奏法を使い分ける実力派として知られており、2017年に続き本年の「The Bass Day」に出演をするなど、注目を集めている若手ベーシスト。 ◎https://radwimps.jp

・休日課長 (ゲスの極み乙女。/ DADARAY / ichikoro/ bass)
きゅうじつかちょう 埼玉県出身、1987年2月20日生まれ。大学時代でベースを弾き始める。2012年、川谷絵音(vo,g)に誘われてゲスの極み乙女。に加入。そのほか川谷がプロデュースするDADARAY、インスト・バンドichikoroなど、多彩な奏法を使い分けるベース・スタイルをもって多方面で活動中。

・ひろせひろせ (フレンズ)
1990年生まれ 5歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。作曲・編曲を独学で身につける。2013年 「nicoten」のベーシストとしてSony Music Associated Recordsからメジャーデビュー。2015年 バンド「フレンズ」を結成。2019年1月にNHKホール単独公演を成功させた。作家としてはSexyZoneやA.B.C-Zといった多数のアイドルやアーティストへの精力的な楽曲提供を行う一方で、チュートリアル徳井義実×渡辺直美とのユニットプロデュース、CM音楽やナレーションなどその活動は多岐にわたる。

・安井英人/hideto yasui (BIGMAMA/ bass)
バイオリンを擁する5人編成のロックバンドBIGMAMAのベース。
ロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」を発表するなど、日本のロック界に新たな革命を起こす。2017年に初の日本武道館公演を行い、ユニバーサルミュージックへ。2019年シングル「mummy mummy」を発売。各地フェス出演を経て10月より「Roclassick tour 2019」を開催する。

・佐藤千亜妃
4人組バンド「きのこ帝国」(2019年5月27日に活動休止を発表)の Vo/Gt /作詞作曲を担当。
その類まれな表現力を纏った唯一無二の歌声は、音楽ファンのみならず数々のミュージシャン、タレント、 俳優等からも支持されている。
2017年12月には「佐藤千亜妃と金子ノブアキと小林武史」名義による「太陽に背いて」が、「東京メトロ」キャンペーンの第三弾CM「日比谷 歴史と文化が色づく」篇のCMソングとしてオンエアされ、話題に。その後ソロ活動も本格化し、2018年7月には砂原良徳との共同プロデュースによる1st EP『SickSickSickSick』をリリース。2019年8月には映画「CAST:(キャスト)」(WEB短編映画)主題歌『大キライ』をデジタル配信リリース。『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』や『BAY CAMP 2019』にも出演し、ライブ活動も精力的に行なっている。 また、メガネブランド「Zoff(ゾフ)」の2019年夏のビジュアルモデルに選ばれるなど、多方面でも注目を集めている。11月13日にファーストソロアルバム「PLANET」リリース、12月にはワンマンライブが盛岡と東京の2ヶ所で決定している。

 

●マイケル (夜の本気ダンス / bass)

大阪出身。2013年夜の本気ダンスに加入。2014年同バンドでインディーズデビュー。2016年にはメジャーデビュー。
アグレッシブなプレイスタイルと特撮やアメコミなどをこよなく愛する。

・長島 涼平 (フレンズ , the telephones / bass)
2005年にthe telephonesを結成し、2009年にメジャー・デビュー。
2015年6月に新たなバンド、フレンズを結成。
2015年から活動休止していたthe telephonesも現在精力的に動き始め、
現在は、2つのバンドでベースを弾いている。

・有江 嘉典 (VOLA&THE ORIENTAL MCAHINE , MOON・BEAM / bass)
福岡県出身。VOLA&THE ORIENTALMACHINE、MOON・BEAM所属。
その他杉本恭一 、百々和宏とテープエコーズ 、the pillows等のサポートとしても活動している。

・酒井 亮輔 (BRADIO / bass)
新潟県五泉市出身。ファンキーなバンド BRADIOのベーシスト。
2017年10月に同バンドにてワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。

・辻 怜次 (Bentham / bass)
2010年Benthamに加入。その後2014年10月に「Public EP」でインディーズデビュー。以降インディーズで3枚のEPリリースを経て、2017年4月「激しい雨 / ファンファーレ」でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。
2019年11月13日には初のベストアルバム「Re: Public<2014-2019>」をリリース予定。

・佐藤 謙介(drums)
岡山県出身。踊ってばかりの国の結成時よりドラマーとして活動し、2015年に同バンドを脱退。
その後は、髭、パスピエ、井乃頭蓄音団,、paioniaなど、幅広いアーティストのサポートの他、ドラム・テックとしても活躍するセッションドラマー。

ベーシストたちが繰り広げる熱い音楽の祝祭 “THE BASS DAY LIVE 2019” マイナビBLITZ赤坂で開催決定!!

bassday_card_141110b
毎年、赤坂BLITZにて開催され、4年連続SOLD OUT!!ほかでは見られない貴重なコラボレーションや、一流ミュージシャンたちが集まってこそ成せるミュージシャンシップと響いてくるグルーブの波、ベーシストたちが一斉に重低音を鳴らす、オリジナリティー溢れるスタイルで魅せるベーシスト・セッションなど、リアルな音楽を体感できる「THE BASS DAY LIVE」が、今年も11月11日(月)ベースの日に赤坂BLITZにて開催決定!!日本の音楽シーンを熱く盛り上げる実力派ベーシストたちが中心となり、信頼するミュージシャンたちとともにバンドアクト、ジャムセッション、スペシャルユニットなど、自由なスタイルで繰り広げるライブ・イベント「THE BASS DAY LIVE 2019」が本日からオフィシャル先行予約スタート!至極のベースプレイとミュージシャンたちの織りなす技、会場の熱気の渦とが交じり合う一体感!新しい音楽体験を、今年もぜひご一緒に🎸

【イベント開催概要】
◆THE BASS DAY LIVE 2019
日本の音楽シーンを牽引する実力派ベーシストたちが集結!!信頼するミュージシャンたちとともに
それぞれバンドアクト、ジャムセッション、スペシャルユニットなど、オリジナルのスタイルで自由にライブを繰り広げる。
タイトル: THE BASS DAY LIVE 2019
日時: 2019年11月11日(月) 開場18:00  開演19:00 (予定)
会場: マイナビBLITZ 赤坂 (http://www.tbs.co.jp/blitz/a_map.html)
料金: スタンディング 5,900円(税込/入場時ドリンク代\500別途必要)
2F指定席 6,600円(税込/入場時ドリンク代\500別途必要)
※未就学児童入場不可

チケット発売日:
・オフィシャル先行※先着順受付(規定枚数で終了)
■受付期間
2019/9/19(木)12:00〜2019/9/27(金)23:59
チケット申込み→ https://eplus.jp/bassday19hp/

一般発売日/ 2019年10月19日(土)

主催: ベースの日実行委員会/J-WAVE
企画・制作: ベースの日実行委員会
お問合わせ: DISK GARAGE:050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

 

出演者情報発表はこちら→http://bass1111.com/news/906

“ベース縁日 in 京都法輪寺🏮” Eテレ シャキーン!「サウンドファイターズ in 京都」放送日決定!

”ベース縁日 in 京都法輪寺” にて公開収録を行った Eテレ シャキーン!「サウンドファイターズ in 京都」の模様が、12/18と12/21(あさ7時〜7時15分)に放送されます!お楽しみに🎸😄🤓🎸
http://www.nhk.or.jp/kids/program/shakiin.html
———————-
NHK Eテレ シャキーン!朝7時〜7時15分
「サウンドファイターズ in 京都」
🎸12月18日(火) 根岸孝旨 vs 柏原譲 (Polaris)
🎸12月21日(金) 根岸孝旨 vs マイケル(夜の本気ダンス)
———————-

DPP_161842-92 DPP_161840-90DPP_161818-68 DPP_161804-54DPP_161819-69 DPP_161792-42

「THE BASS DAY LIVE 2018」ゲスト出演者発表!!

日本の音楽シーンを牽引するベーシスト、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、KenKen(LIFE IS GROOVE/RIZE/Dragon Ash)、TOKIE(LOSALIOS/HEA/ACE OF SPADES) 、日向秀和(ストレイテナー/ Nothing’s Carved In Stone)、草刈愛美(サカナクション)が、それぞれジャンルレスに一期一会のパフォーマンスを繰り広げるライブ・イベント「THE BASS DAY LIVE 2018」。

今回、それぞれのベーシストが迎えるゲスト出演者が発表になりました!!

日向秀和は、ボーカルにホリエアツシ、ドラムに柏倉隆史をむかえて。

KenKenは、ギター 山岸竜之介、ドラムスSATOKO、キーボード タケウチカズタケ

トランペット タブゾンビ、サックス かわ島崇文とともに、“LIFE IS GROOVE”で。

TOKIEと草刈愛美は、ドラムス堀正輝をまじえた、ツインベースで共演。

ハマ・オカモトは、今回、今までの出演とは違った形でベースを紐解く新企画を予定。

という、ここでしか見られない多彩なラインナップが実現!!

 

日本の音楽シーンの第一線で活躍するオリジナリティー溢れるベーシストたちが、どのような表現をみせるのか!?会場に鳴り響く圧巻の低音!ベーシストが中心となり生まれる化学反応は予測不可能!

残念ながら本ライブのチケットはすでにSOLD OUTしていますが、ライブの他にもベースの日を盛り上げる企画が続々登場する予定です。

 

【THE BASS DAY LIVE 2018】THANK YOU SOLD OUT!!

日時: 2018年11月11日(日) 開場16:00  開演17:00

会場: 赤坂BLITZ (http://www.tbs.co.jp/blitz/access/)

出演:

■KenKen(LIFE IS GROOVE / RIZE / Dragon Ash) / Bass,Vocal

<LIFE IS GROOVE>

山岸竜之介 / Guiar

SATOKO / Drums

タケウチカズタケ / Keyboard

タブゾンビ / Tranpet

かわ島崇文 / Sax

■日向秀和(ストレイテナー / Nothing’s Carved In Stone)/Bass

ホリエアツシ / Keyboard

柏倉隆史 / Drums

■TOKIE(LOSALIOS/HEA/ACE OF SPADES ) /Bass  &  草刈愛美(サカナクション)/Bass

堀正輝 / Drums

■ハマ・オカモト(OKAMOTO’S) /Bass

 

 

【出演者プロフィール】

◆LIFE IS GROOVE

LIG-1111-2「音楽とは人生の長さではなく、人生の濃さである」

ストリートからメジャーまで常にシーンのど真ん中でプレイし、日本一と称されるベースヒーローKenKen。

日本のロック創世者であり、ロックレジェンドでもあるムッシュかまやつ。幼少の頃から数多くのミュージシャンに才能を認められともにプレイしてきたギタリスト、山岸竜之介。

音楽は世代を超えるという事を演奏をもって証明し続けるスーパーファンクバンド。

SUMMER SONICや RISING SUN ROCK FESなどの大型フェスへの出演や、Blue Note Tokyo & Nagoya, Billboard OsakaなどでLIVEを行い、その強烈なルックスや脅威的なパフォーマンスに酔いしれ、踊り出すものが続出する。

神出鬼没、変幻自在、様々な大きさや雰囲気の会場に合わせ参加メンバーも異なる。

LIVEで演奏した者も、LIVEを見た者もその瞬間から時空を超えてグルーヴで繋がる。それこそが、”LIFE IS GROOVE”!!

 

◆日向秀和

日向秀和1976年12月4日生まれ。ベーシスト。

2002年ART-SCHOOLのベースとしてメジャーデビュー。

同バンドを2003年12月に脱退後、ZAZEN BOYS、ストレイテナーに加入。

2007年にZAZEN BOYSを脱退。2009年にはNothing’s Carved in Stoneに加入。

現在はストレイテナーとNothing’s Carved in Stoneをメインに活動中。

プレイヤーとして高いプレイヤビリティと秀逸なる音楽センスの良さ故、ライブではSuperfly& The Lemon Bats、木村カエラ、TK from 凛として時雨、EOR、killing Boy等でも活躍。

また数々のフリーセッションライブへの出演や、多くのアーティストのプロデュースやレコーディングにも参加。

名実共に日本を代表するベーシストの一人として様々なフィールドで活躍中。

 

◆柏倉隆史

kashikura san

過去にはREACHのドラマーとして、現在はtoeやthe HIATUSのメンバーとして活動中。

またバンド活動と並行し、サポートドラマーとして、木村カエラ、ACO、SUEMITSU

& THE SUEMITH、コトリンゴ、黒木渚、といったミュージシャンのレコーディング、ライブに参加している。

その超絶かつエモーショナルなドラムは、ジャンルを超えて様々な方面から支持を集めている。

 

 

 

◆ホリエアツシ

ホリエソロアー写_A

ロックバンド、ストレイテナーのヴォーカル&ギター&キーボード、ソングライティングを担当。

ソロプロジェクト”ent”としても活動し、3枚のアルバムをリリース。

映画「ソラニン」の劇中音楽や鈴井貴之主宰の劇団OOPARTSの舞台「CUT」、ファッションブランドのコレクションテーマ等、様々なフィールドで活躍中。

 

 

 

 

 

◆TOKIE

TOKIE中学時代、ブラスバンド部でコントラバスと出会い、低音/4弦の魅力の虜に。高校に入るとエレクトリックベースに持ち替え、バンド活動を始める。93年にNYへ渡り、イースト・ヴィレッジでアメリカやフランス出身のミュージシャンと共に「サルファー」を結成。95年までの活動の間、CBGBやニッティング・ファクトリーなどに出演した。96年の帰国後、さまざまなアーティストのサポートを開始。97年にはJESSE(Vo,Gt)、金子ノブアキ(Dr)とRIZEを結成。2000年 RIZEでメジャーデビュー

同年、UAと浅井健一らのAJICOに参加。RIZE脱退、AJICO活動休止後はLOSALIOS、unkieなどの活動と共に様々なアーティストのサポート、セッションでも精力的に活動。2012年 TAKAHIRO(Vo)・HISASHI(Gt)・MOTOKATSU  MIYAGAMI( Dr )との「ACE OF SPADES」でミニアルバムをリリース。2013年に女性メンバーで結成したロックンロールトリオバンド「THE LIPSMAX」を結成。2018年には運命的な出会いから「HEA」(ヒア)に参加、2018年6月にファーストアルバムをリリース。確かなテクニックと華のあるパフォーマンスで会場を湧かせている。

これまでにかかわった主なレコーディングやライブ/ツアーは、TK from 凛として時雨、GLIM SPANKY、Caravan、Tourbillon、Baroque、甲斐よしひろ、布袋寅泰、井上陽水、安室奈美恵、清春、ゆず、 長澤知之、清竜人、及川光博、辻仁成、Char、Superfly、安藤裕子、Leyona、SUGIZO、Def Tech 他多数。

WEB   http://www.tokie-official.com/

 

◆草刈愛美

草刈愛美

 

2007年にサカナクションのベーシストとしてデビュー。

ライブではエレキベース、シンセベースを巧みに扱い、バンドのグルーヴを生み出す。

サカナクションが主催するクラブカルチャーイベント「NF」でもDJとして参加するなど、マルチプレイヤーとしての強い印象をリスナーに残している。

 

 

 

 

◆堀正輝

堀正輝

 

 

北海道札幌出身。自身のバンド、ARDBECK、SCAM CIRCLEの他、80KIDZ、米津玄師、DAOKO、iri、ちゃんみな、eddaなど、様々なアーティストのレコーディングやライブサポートも行なっている。

 

 

 

 

◆ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)

ハマ

中学校からの同級生で結成された4人組ロックバンドOKAMOTO’Sのベーシスト。

2010年、日本人男子としては最年少の若さでアメリカ・テキサス州で開催された音楽フェス「SxSW2010」に出演。アメリカ七都市を廻るツアーや豪州ツアー、香港、台湾、ベトナムを廻ったアジアツアーなど、海外でのライヴを積極的に行っている。これまでシングル8作品、アルバム7作品を発表。

2015年9月にはメンバー渾身のロック・オペラアルバム「OPERA」を発売。2016年6月3日からは「OKAMOTO’S FORTY SEVEN LIVE TOUR 2016」と題した、キャリア初の47都道府県ツアーを敢行し、ツアーファイナルは日比谷野外大音楽堂にて開催された。2017年8月2日には約1年半ぶりとなるオリジナルフルアルバム「NO MORE MUSIC」をリリース。また、2017年10月には、東京・中野サンプラザにてキャリア初のホールワンマンの開催がアナウンスされたが、瞬く間に即完し、10月30日より全国23か所を回るツアー「OKAMOTO’S TOUR 2017-2018 NO MORE MUSIC」を敢行、大盛況のうちに終了した。更に、2018年11月に東阪2会場でのホールワンマン公演の開催がアナウンスされた。

Label : Sony Music Labels     HP : http://www.okamotos.net/

 

2018年11月11日(日)今年もベーシストたちによるグルーヴナイト「THE BASS DAY LIVE 2018」が赤坂BLITZで開催決定!!

赤坂BLITZ組写

 

今年も「ベースの日」を祝して、「THE BASS DAY LIVE 2018」を開催します!

ほかでは見られない貴重なコラボレーションや、一流ミュージシャンたちが集まってこそ成せるミュージシャンシップ溢れる技、ベーシストたちが一斉に重低音を鳴らすベーシストセッションなど、リアルな音楽を体感できる「THE BASS DAY LIVE」が、今年も11月11日(日)ベースの日に赤坂BLITZにて開催!日本の音楽シーンを牽引する実力派ベーシストたちが集結し、信頼するミュージシャンたちとともにバンドアクト、ジャムセッション、スペシャルユニットなど、自由なスタイルで繰り広げるこのライブ。今回は日曜拡大版としてトークコーナーも予定。

ベーシストたちによる予測不可能な一夜限りのグルーヴ・ナイト!どうぞご期待ください !

 

【開催概要】

イベントタイトル: THE BASS DAY LIVE 2018

日時: 2018年11月11日(日) 開場16:00  開演17:00

会場: 赤坂BLITZ     (http://www.tbs.co.jp/blitz/a_map.html)

出演ベーシスト:

ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、
KenKen(LIFE IS GROOVE / RIZE / Dragon Ash)、
TOKIE(LOSALIOS / HEA / ACE OF SPADES ) 、
日向秀和(ストレイテナー / Nothing’s Carved In Stone)、
草刈愛美(サカナクション)、 and more

※ゲストミュージシャン後日発表

 

料金: スタンディング 5800円(税込/入場時ドリンク代\500別途必要)

2F指定席 6,500円(税込/入場時ドリンク代\500別途必要)

※未就学児童入場不可

———————————-

チケット発売日: 2014091100522785a

・J-WAVE HP先行予約/2018年9月14日(金) 13:00~9月14日(金)23:59 ※先着順受付(規定枚数で終了)

・ベースの日HP先行/2018年9月15日(土)13:00~ 9月24日(月祝)23:59 ※抽選受付

・eplus プレオーダー先行/2018年9月27日(木)13:00~10月3日(水)23:59 ※抽選受付

一般チケット発売日/ 2018年10月20日(土) 10:00〜

チケット申込み受付→  http://eplus.jp/bass1111/

———————————-

主催: J-WAVE/ ベースの日実行委員会

企画・制作: ベースの日実行委員会

お問合わせ: DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

 

昨年のライブの模様 ▶http://bass1111.com/reports/740

 

1 / 41234